MacBook Pro early 2011 ほぼ10年前のパソコンですが、さすが Apple いまでも遜色なく使えます。

まあ、128G SSD+1T ハードディスク仕様に改造したハイスペックマシンなんで、そりゃそうなんですが(^_^;)

裏返して、ビス10箇所を外すと、簡単にボトム(裏蓋)が外れます。ですが、バッテリーを取り外さないで!の注意書き。交換する場合は自己責任で(^_^;)

しかも、注意マークの部分をカットしないと外れないようになっていますので、ここをカット。固定ビスを2本外し、真ん中に付いている引っ張りシールを引っ張って上に持ち上げると外れます(^。^)
※このビスは簡単に外れないように、通常のプラスではなく、三又の特殊なドライバー=Y字ドライバーが必要なので注意してください。
 今回購入したバッテリーには、裏蓋用のプラス。バッテリー用のY字ドライバーが付いていました(^。^)

10箇所のビスを外すだけで、爪がついていないので、そのまま簡単に上に外れます。
シールでロックされているので、ビックリマークの部分をカッターなどでカット

コネクターは上に抜けるタイプなので、爪で慎重に外します。

上に抜けるタイプのコネクター。ロックがないタイプなので、爪で上に持ち上げるだけで、外すことが出来ます。

バッテリーが外れたら、新しいバッテリーに交換して終わり。

純正が入手できなかったので、信頼できそうなメーカーのものに交換。

あとは蓋を閉めて終了です。

現在、この投稿を作りながら、一旦放電。改めて充電していったいどこまで持つようになるか。

怖いような、楽しみなような(^。^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。