Officeの必要性

お仕事

マイクロソフト社が出しているオフィスというソフトのセットがあります。有名ですし、仕事に使っている方も多いと思います。「オフィス?そんなの知らない。」という方も、エクセル、ワードと言えばお分かりになると思います。それらは、オフィスに含まれるソフトで、これを必須と思っている方は多いと思います。

しかし、あくまで僕の私見ですが、仕事に使っているので無ければ、あまり必要ないかと思います。仕事の場合、相手がエクセルなり、ワードで資料を作ってくる場合が多く、エクセル、ワードを持っている方が便利です。

でも、オフィスは買取でも4万円位、1年契約タイプでも1万2千円位はするので、なかなか高価です。で・も・・・無料の近似ソフトが、Google、Appleで各々出ています。

まずは、Google 。スプレッドシート≒エクセル、ドキュメント≒ワード

実はエクセル、ワードのファイルも開ける上、同形式での保存も出来ます。あまり凝ったファイルは、表示不可などあると思いますが、普通の表計算、文章であれば、問題ないと思います。
しかも、これはオフラインでの編集が可能なので、本当に便利ですよ。

次にApple。

ナンバーズ≒エクセル ペイジズ≒ワード こちらもエクセル、ワードを開くことが出来ますし、自分で使う分には、家計簿、日記など、問題ありません。

先にも記述した通り、複雑な機能(マクロ、レアな計算コマンド、グラフ)など使わなければ、ほぼ同等に使えます。

もちろん、オフィスを買った方が、間違いないのですが、仕事でなく、個人で使うのであれば、問題ありません。皆さんも一度使ってみては如何でしょうか?

操作はかなり似ていますが、不明点が多ければ、ぜひ当教室に♪( ´▽`)

タイトルとURLをコピーしました